ジムに通うにしてもお金がかかりますよね。特にパーソナルトレーナーをつけると、トレーニングの質は良くなりますが、その分お金がかかります。

では、自宅でトレーニングをする場合、どのような器具があると便利なのでしょう?

そこで、今回は本当に効果のあるダイエット器具を紹介します。

ペットボトル

ペットボトル(水入り2ℓ)をもってスクワットやハンマーカール(腕をたくましくしたりほっそりするための筋トレ)のときに重宝します。

もちろん2ℓ=2キロですので、女性には重いかもしれません。そういう時は1リットルのぺットボトルに水を入れた状態で持ちましょう。

もちろん、アマゾンで買ってもいいのですが、やはり、ペットとルの方がお手頃価格ですぐに手に入ります。

中身は何でもいいので(もちろん炭酸はNGですが)おわれば、「水分補給」ということで飲んでしまえば、一石二鳥です。

階段

以前私はジムに行くほかに、自分でトレーニングしていました。そのときは主人が買って全く使わなくなった踏み台昇降の器具をつかっていました。

実家に帰ってからは実家が階段が多かったため、そこでストップウオッチを使って2分全力で踏み台昇降をして、3分インターバル(踏み台昇降は続けるがゆっくり)というのを3回繰り返していました。

すると、代謝があがり、心肺機能も向上した気がします。足も大分細くなったし、結果を実感しています。

タオル

ラップルダウンという背中に効かせる種目がありますこれはおもりを付けた棒を鎖骨に向けて引っ張るというものですがこれはジムに置いてあるような器具が必要です。

なのでそこででてくるのがタオルです。まず、手でうえにあげタイルを広げます。そして背中の後ろに肩甲骨を意識して、もっていきます。

これは、高齢者やジムにいけない人にオススメです。また、猫背の方や四十肩の予防もできます。

これで背中の筋肉(広背筋)が鍛えることができます。もちろん、重量がある方がいいのですが、素人判断だと肩をこわしたりするのでこの方が安全で心配ないです。

まとめ

今回は本当に効果のあるダイエット器具を紹介しました。

ジムにあるような器具を買おうとすると、場所のこともありますし、値段もばかになりません。

それより、身近なものを使って毎日トレーニングをした方が効率的ですし、経済的です。ちゃんと結果もでますし、まさに「筋肉は裏切らない」ですね。

これに食事制限をとしていくと、体重がおもしろいくらいにおちていきますので、ぜひためしてみてください。